MENU

蓄膿症について記事一覧

蓄膿症(急性副鼻腔炎)は様々な原因で起こることがありますが、基本的は『副鼻腔』と呼ばれる鼻の奥の部位が炎症を起こすことにより発症します。その原因となるものには以下のようなものがあります。風邪特に鼻かぜのように鼻に影響がある風邪の場合、鼻の粘膜が炎症を起こし、それがもととなり蓄膿症が引き起こされるといったいわば二次被害のような形で起こるものがあります。ハウスダスト(ホコリなど)ホコリやハウスダストに...

蓄膿症は、嫌なにおいがしたり、鼻づまりがひどくなったような印象が特徴の正式には副鼻腔炎という症状です。この蓄膿症は、放っておくと悪化したり、違う病気を誘発したり、慢性化したりもするので早めの治療が肝心になります。では蓄膿症の薬にはどういったものが使われるのでしょうか?注意:一番良いのは医師の診察蓄膿症に効く市販薬というのは、存在しますが一番良いのは医師の診察を受けることです。ただできるだけ総合的な...

蓄膿症というと、ひどい鼻づまりというイメージがありますが、実際にはどういった症状なのか、お伝えしたいと思います。蓄膿症は正確には、副鼻腔炎という名前で扱われています。字だけを切り取ると「副鼻腔」が「炎症」を起こしているのです。では、そもそも副鼻腔はどこにあるのでしょうか?副鼻腔は鼻腔(鼻の穴の中)に隣接した骨内に作られた空洞のことです。この空洞に膿が溜まってしまうことを字の通り蓄膿症と呼びます。蓄...

蓄膿症は、かみ砕いていえば、鼻の奥に膿がたまっている状態です。蓄膿症は、アレルギーや鼻かぜが悪化することにより起こることが多く、放っておくと更なる病気になる可能性があります。では、蓄膿症の治し方とはどういったものなのでしょうか?鼻水(膿)を出し切る方法蓄膿症は鼻の奥に膿がたまってる症状です。その膿を鼻水と一緒に吸い出すという方法です。これは、専門の耳鼻科などで行ってもらうことが大切です。蓄膿症で下...

蓄膿症は鼻腔の奥にある副鼻腔という場所に膿がたまることで起こります。基本的には強い鼻づまりを訴える人が多いのですが、頭痛の症状を訴える人も少なからずいます。では、この蓄膿症で頭痛が起きるのはなぜなのでしょうか?蓄膿症は、副鼻腔に膿がたまっている状態で、鼻づまりも併発しています。本来十分な酸素の量を確保するのに鼻呼吸は欠かせません。余談にはなりますが、口呼吸をするのは実は人間だけです。ですので人間も...

蓄膿症は副鼻腔に膿がたまることで起きるものですが、においが起きるといったケースもあります。膿はもともとやなにおいがするのですが、どういったにおいがするのでしょうか?蓄膿症ってどんな匂い?・ゲロ吐きそうな匂いがする・硫黄みたいなにおいがする。・膿のにおい・プラスチックが溶けたようなにおい・足のようなにおい少し個人差があるようですが、総じてあまりいい匂いではないようです。蓄膿症の原因は?蓄膿症の原因は...